洋服に興味を持とう

ファッション事情って面白いんだよ

ココ・シャネル

誰もが知ってるスーパーブランド、シャネルをたちあげたココ・シャネルの由来って知ってる人は少なくないでしょう。
フランス南西部オーヴェルニュ地方ソミュールの救済病院で生まれて12歳の誕生日を迎える前に母ジャンヌが病死、行商人の父アルベールに捨てられ、孤児院や修道院で育ってるんです。
田舎町ムーランでお針子として18歳で孤児院を出た後、当時つきあいのあった将校たちに連れられ、グラン・カフェで歌手になりたいと夢見るように。
その後、歌手を目指しヴィシーでオーディションを受けるも落選ばかりで、芸能界への道はあきらめ、この頃交際していた将校であるエチエンヌ・バルサンに伴われてパリ郊外へ移り、友人達の社交場となった彼の牧場で過ごしますが退屈しのぎで制作していた帽子のデザインがそこで認められ、バルサンの援助により、1909年、マルゼルブ大通り160番地で、帽子のアトリエを開業したことから始まります。
ココは、コルセットが多用されていた1910年代から1920年代の女性服に対して抱いていた「どうして女は窮屈な服装に耐えなければならないのか」という積年の疑問への回答として、愛人であったウェストミンスター公爵の故郷であるイギリスの紳士服の仕立てや素材を女性服に応用し、スポーティでシンプルなデザインの「シャネル・スーツ」を生み出したそうですよ。
女性の自立を目指し、モデルに当時の女性としては斬新だった、ポケットに手を入れる仕草をして歩かせていたことにより女性服にポケットを作ったそうです。
なおココはかなり痩せた体型だったため、モデルとしてシャネルの服を着たココがきっかけで、現在に至るまで「ファッションモデルは痩せている方が美しい、という固定観念が生まれた」とされています。
もしココがふくよかな女性だったらどうなってたのか考えてしまいますね。

Comments are closed.